« 浜松がんこ祭り2014 | トップページ | 浜名湖花博2014会場で「NHK趣味の園芸」公開収録番組の観覧案内 »

浜松フラワーパーク夜桜開園2014~桜並木通り抜け~

  夜間開園(夜桜) 長さ1,600メートル桜並木通り抜け~
 
開催日:2014年3月27日(木)~4月13日(日)
     18:00~21:00(最終入園は閉園30分前まで)
     ※2014年3月17日~20日は、「浜名湖花博2014」開催の
     準備のため臨時休園となります。
会  場:浜松市西区舘山寺町195番地
     浜松フラワーパーク
駐車場:約1200台(普通乗用車:300円)
料  金:夜間入園料(18時以降)/大人500円、小・中学生200円
     18:00以前からご来園中の方は、追加料金なくそのまま
     21::00までお楽しみいただけます。
     ※ 浜名湖花博の入場券も利用できます。
交  通:JR浜松駅より遠鉄バス1番乗り場より「舘山寺温泉行き」で約40分、「フラワーパーク」バス停下車すぐ。車東名浜松西I.Cより、県道65号と県道48号を経由し舘山寺温泉方面へ約15分。地図
<イベント内容>
  長さ1,600メートルのソメイヨシノと八重桜の並木がライトアップされます。夜間の桜並木の通り抜けは、ライトアップされた日本庭園の池に桜が映り、幻想的な美を醸し出します。夜桜観覧車も運行されますので、上空からの幻想的な夜桜が楽しめます。このほか、大温室クリスタルパレスの夜間開館や水・音・光の大噴水ショーなど魅力ある演出がいっぱいあります。フラワーパークオリジナル和菓子「夜桜餅」が期間限定で販売されます。
※宴会・カラオケ等はご遠慮下さい。
※夜間は飲食物、レジャーシートなどの持ち込みはできません。

【梅&早咲きの桜フェア】
開催期間::2014年2月15日(土)~3月16日(日)
   110品種300本の花梅と、200本の早咲きの桜が競演します。
   吟醸酒の酒粕で作った甘酒のサービスがあります。

【桜とチューリップの庭園】
  早咲きの桜やソメイヨシノ、八重桜、枝垂桜など約180 種1,300本の桜が2月中旬から4月下旬まで次々咲きます。訪れる時期によって違う美しさで目を 楽しませてくれます。早咲きの桜の中には「館山寺桜」、「雛桜」、「雛八丈」など、ここでしか見られないオリジナル品種もあります。
  桜の代表的な品種ソメイヨシノは約600本あり、桜のトンネルをフラワートレインに乗って眺めるのがおすすめ。八重桜は約70品種600本。黄色や緑色の桜が咲くもの、枝や花が上に向くもの、その美しさから「楊貴妃」という名がついた桜などバラエティに富んでいます。橋の上から見下ろす桜、谷間に咲く桜、集団の桜、トンネルの桜などいろいろな角度から観察できるように植栽されています。
  また、色とりどりの50万球のチューリップが4月中旬までが咲き誇ります。

浜名湖花博2014 の祭典~

  浜名湖花博10周年記念事業・浜松フラワーパークと、
浜名湖ガーデンパークを会場として開催されます。

○浜松フラワーパーク会場
   2014年3月21日(金)~6月15日(日) 8:00~18:00
○浜名湖ガーデンパーク会場
   2014年4月5日(土)~6月15日(日 )9:30~17:00
   夜間開園:花美の庭ライトアップ
   2014年4月11日(金)~6月14日(土) 18:30~21:30
   ※金土日月及び祝日とGW期間限定
   ※浜名湖花博の入場券も利用可
☆前売入場券は、3月20日(木)までコンビニで販売しています。
お問い合わせ先:浜松フラワーパーク TEL 053-487-0511
<おすすめ情報>
浜名湖花博2014の見どころガイド
  各会場の見どころ、シャトルバス・水上交通などアクセス情報

浜松のイチゴ狩り観光農園
  浜名湖花博会場前のいちご狩り園が人気!
  おすすめ!割引券のあるいちご狩り園もあります。

浜名湖で潮干狩り
  アサリの不漁で昨年、中止した浜名湖の潮干狩りが
  期間限定ですが再開されます。

浜松の桜名所ガイド
  2014桜開花情報&さくらまつりのご案内。

浜松情報ブログランキング
  浜松の注目ブログ記事ランキング

|

« 浜松がんこ祭り2014 | トップページ | 浜名湖花博2014会場で「NHK趣味の園芸」公開収録番組の観覧案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜松フラワーパーク夜桜開園2014~桜並木通り抜け~:

« 浜松がんこ祭り2014 | トップページ | 浜名湖花博2014会場で「NHK趣味の園芸」公開収録番組の観覧案内 »